【自宅サロン開業】売れるメニューの法則。とにもかくにも分かりやすさを優先すること。

こんにちは。

自宅サロンを始めたい!副業で自宅サロンを開きたい方のサポートをしています。

自宅サロン起業支援の松本久美子です。

初めましての方、マツモトのプロフィールです。 まともバージョン

人生どん底バージョン












技術を学ぶのって楽しいですよね〜

これができるようになったら、やりたい、って言ってくださる方いるかな。きっと喜んでくださるよね。 なんて、サロンオーナーの希望的観測で、メニューを決めたり、増やしている方少なくないのではないでしょうか?

継続プロデュースの方のサポートをさせていただいても、メニューを絞る、作る(作り直す)ところは、ご本人たちの希望的観測の勘違いを解くところからなので、じっくり取り組みます。(結構たいへん!!笑) だいたい、私たちサロンオーナーが「すっごくいい!」と思うものって、お客様にとって、そこまで欲しくないものだったり、なんのこっちゃ意味がわからなかったりします。

そう、私たちって知らず知らずのうちに、技術(資格)オタクになっているんですよ。

お客様はトーゼンのことながら、素人さんなので、最新の技術とか、周りくどい知識とか資格とか知りませんし、興味もないんですけどね。

もし、あなたがもっとご新規様を増やしたい、ご予約をいただきたい!と思っているのならば、メニューは、70歳の人生の先輩でも知っているようなメニュー名を使うようにしましょう。 例えば。。あなたが、マツエクサロンオーナーさんだったとして、こだわりの技術を持っていたとしても、「なんちゃらかんちゃらロングラッシュ」じゃなくて、「マツエク」とシンプルに書いてあげた方が親切です。 分かりやすいは売れやすい。 分かりにくいは売れにくいです。 あなたのサロンのメニュー名、お客様にとって分かりやすいか、もう一度見直してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。 自宅サロン開業サポーター松本久美子でした。

0回の閲覧

お問合せフォーム

自宅サロン起業支援

​代表 松本久美子
​〒286-0201

千葉県富里市日吉台1−18−12

  © 2020 自宅サロン起業支援