自宅サロン成功の鉄則。売れるものを売る。売りにくいものは売らない。














私のまわりには

40すぎて起業した人が集まってくれています。

だいたいが、

元おつとめ人だったり (最近は副業の方もすごく増えています)

主婦だったり。

ご商売未経験者です。

そう、

ご商売のど素人でございます。

ワタクシを含めて。

私は、

サロンを始める時、

自分が

《商売のど素人である》

と言うことを、

さっさと認めて

ど素人なんだから、

売りやすいモノを売ろう。

わかりやすいモノを売ろう。

と、決めました。

売りやすいモノっていうのは、

明らかに世の中に

ニーズがあるもの。

わかりやすいモノは、

だれもが知ってるもの、のことです。

でも、

多くの私と同じ

ど素人起業家、サロンオーナーの

ご相談にのっていて、

わざわざ

売りにくいもの、

知らないもの、

を売ろうとしている人が多いなー

と感じています。

マツモトが売りにくいなー

と感じるのは、

街に看板がないサービスだったり、

お金出せば取れちゃう資格だったりね。

ブログをどう書くか?

どう売るか?

というより、

そこの時点で

勝負がついちゃってるかも、

と感じることも多い。

あ、好きなだけ、

楽しむだけで、売上は二の次、

みたいな、趣味でやるんだったら

いいんですよ。

でも、そういう人に限って

「稼ぎたい」って言う。

そう言う時、コンサルでは、

一旦そのメニューを横においてもらって、

ニーズのありそうな、

よく知られているメニューを

おもてに出してもらいます。

まずはそれを売る。

丁寧に売る。

丁寧にお客様との信頼関係を育む。

そうすると、

売れにくい本命のメニューも

少しずつ売れるようになります。

商売はお客様に求められてなんぼですもんね。

お客様が「それ欲しいよ」って言ってくれるものを

提供します。


いやいやいやいや、

私は、このメニューじゃなきゃ絶対嫌なんです!

って、あまり求められてない、

売れにくいメニューを大事に いつまでもかかえているのであれば、 ご商売じゃなくて趣味でやったらいいです。


稼ぐことは、さっさと諦めて、

楽しむことにエネルギーを注ぐ。

それはそれで素敵なことだと思いますし^^ でも、収益が上がる様にしたい!

のであれば、

売りやすいもの =お客様が欲しいもの =人の役に立つもの を、提供していきましょうね^^ 最後までご覧いただきありがとうございました。 自宅サロン起業支援 松本久美子でした。

1回の閲覧

お問合せフォーム

自宅サロン起業支援

​代表 松本久美子
​〒286-0201

千葉県富里市日吉台1−18−12

  © 2020 自宅サロン起業支援