どんな人からサービスを受けたいか?で、自分が目指す理想の起業家像がわかります。

こんにちは。

自宅サロン起業、おひとりさま起業支援

松本久美子です。

私が41歳の時自宅サロンを開いて、

行列サロンにするまでの経験を元に、

地に足のついた、超実践的、

現実的な起業ノウハウをお伝えしています。

初めましての方、

マツモトのプロフィールです。 まともバージョン

人生どん底バージョン









年が明けて、

SNSやブログなどに所信表明や今年の抱負的な

投稿を目にする機会が多いです。

みなさま、それはそれは

勢いのあることを書いていらっしゃいます。

んが。

私は、自分がサービスを受けたい、

仕事を依頼したい、

一緒に仕事をしたい、

と思う時、

淡々と波がなく仕事に臨める方

がいいな、と日頃から思っています。

発信の派手さよりも、

実際の行動が大切。

ですから、私も

年初だからといって

特別なことはなく

淡々と仕事をこなす。

今年の抱負も

身の丈、地に足のついたもので。

いつも淡々と

物事に臨める人でありたいから。



プロとして、

いい時は、

いいけど、

そうじゃない時に

わかりやすくパフォーマンスが落ちてしまうのって、

なんだかな〜

なのです。

そりゃ人間だからいろいろありますよ。

誰々に何か言われたから動けなくなった、とか

調子が悪くてどうのこうの・・とか、

正直に SNSで

書いていらっしゃる方いますけど、

自分が看板の起業家は

それを書いて、読んだ方がどう思うか?

を考えないとね。


自分を信頼して仕事を

依頼してくださったお客様を不安に

させることは絶対するべきじゃないと思いますし。 いい時も同じです。

やたら調子のいいことばかり書く人は

危うい印象です。 所信表明、いいと思います。

でも、大口叩くなら、

それを淡々と続ける覚悟もしないとね。

オオカミおばさんになりませんよう。

3回の閲覧0件のコメント

​HOME|自宅サロンの経営・集客|サロンオーナーの魅力|自宅サロンコミュニティ

日本自宅サロン推進協会

​自宅サロン開業|副業自宅サロン|サロン開業相談