【HSP強み】あなたの「強み」と、あなたの「強み」のいかし方。

こんにちは。

HSP起業、松本久美子です。

HSS型HSPの性質である、変態的洞察力をフル活用して、HSPさん、細やかさん、本質さんの魅力を引き出すお手伝いをしています。

初めましての方、

マツモトのプロフィールです。 まともバージョン

人生どん底バージョン 「HSP起業 繊細さんの仕事術」のホームページができました。と、言ってもまだ作業中なのですが。 8割方完成、あとは調整しながら運用していこうと思います。(こちらのHPです) プロにお願いしようかと思っていたのですが、デザインに関して「なんとなくコレ」というのがあったので、イメージを伝えることが手間だな、と思いました。伝わらなくて、修正してもらうのも言いにくいですし、ね。(HSPあるあるですね笑) 10年前に、プロにお願いして作ってもらったまつげ屋のホームページも、結局、エクセルで全ページ分の叩き台を作って、そのまま作ってもらったんですよね。(我ながらよくやった・・古ーいホームページ。よかったら→まつげ屋HP) エクセルで作るくらいなら、自分で直接作った方が早いわ・・ということで、今回は自分で作りました。 だいたい1週間くらいでできました。 作ってつくづく思ったのですが、こういうデザインとか構成とか、パソコン作業とか、多分私の「強み」だなぁ・・と。 本当だったら、ん十万かかるものを、自分で作れちゃう・・

なんとなく笑 よかったら、パソコンの画面でみてください。写真がキレイなので^^










さて、起業は「強み」をいかすといい、っていいますよね。

これから起業するよ、という方によく訊かれるのですが、

「強みをいかすってどういうことですか?得意なことを、メニューにするってことですか?それじゃあ、私はメニューになりませんっ」って。 ====== 強み=得意なこと=メニュー ====== こんな風に考えていらっしゃるようです。

確かに、そうそう強みがそのまま、メニューになる方っていませんよね。 私もです。 実は、多くの方が「強み」に関して勘違いしていることがあります。

それは、強み=得意なこと、ではないということ。得意なことも含まれるんですが、どちらかというと、「これができてすごい」と自分では認識することもなく、フツーにできてしまうことです。 自分ではそんなに、すごいとか、得意だ!とか思っていないことです。 私の、ホームページ作りの作業みたいなものです。

私は、このくらいだったら、がんばらずにフツーにできます。

でも、今でこそ、これが私の強みの一つだと理解していますが、その昔は「こんなこと、みんなできるでしょう?」くらいに思っていましたし。 強みって、自分では価値を全く感じないんですよね〜

そして、「強みをいかす=メニューにする」ですが、これも正しくありません。 強みは、ダイレクトにメニューにするのではなくて、サービスや作業にいかす、ということ。 例えば、私は、簡単なホームページを作れますが、これをそのままメニューにして売るのではなくて、ホームページを作る作業、キレイな写真が撮れたり、魅せ方がわかったり、文章がかけたり、売れる構成ができちゃったり・・こういうのを、コンサルのアドバイスの場でいかしています。 どうでしょうか? まとめますと、

====== 強み=当たり前に、がんばらなくても、できること。 強みをいかす=メニューにするんじゃなくて、サービスに強みのエッセンスを反映させていく。 ======

あなたの強みはどんな風にいかせそうですか? ちょっと、意識してみてくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 HSPさん、細やかさん、本質さんの魅力プロデュース 松本久美子でした。

1回の閲覧

​©️2020 Kumiko Matsumoto