【自宅サロン集客】専門店は売れやすい。何でも屋さんは売れにくい。の法則

こんにちは。

自宅サロン集客コンサル松本久美子です。

私が41歳の時自宅サロンを開いて、

行列サロンにするまでの経験を元に、

地に足のついた、超実践的、

現実的な起業ノウハウをお伝えしています。

初めましての方、

マツモトのプロフィールです。 まともバージョン

人生どん底バージョン


















来月、大阪に出張します。

大阪や名古屋、長野のクライアント様と

撮影会したり、

新年会したり。

あ、あと、

クライアント様以外の

起業家様、サロンオーナ様向けにも

<たった2時間で行列サロンになるセミナー>

をやらせていただきます。

今日もセミナーのワーク資料を作っていました。

資料を作っていて・・ ↓










私は、○○屋さんです!

って

”一言”で ”わかりやすく”

伝えられるのって、

売れるためには本当に大切だな〜と思うのです。 え?そんなの当たり前じゃない?

って思うかもですが、

私は、

「○○と△△と☆☆をやっています!!」

と、ご自分がお持ちになっている資格や

技術を、並べて

「この人何屋さんなの??」

状態な方、多いのです。

あなたは大丈夫でしょうか?

お客様は、

私たちひとり起業家、

ひとりサロンオーナーに

「何を求めているか?」

と言うと、

専門家であること

を求めています。


あれもこれも、は求めていません。

でも、

私たちは、

資格やスキルが多ければ多いほど

お客様に選んでいただきやすくなる!!

と言うカンチガイをしてしまいがち。


ちょっと考えて見て欲しいのですが、

もしあなたが、

「美味しいお寿司を食べたいな」

と思った時、

=========

A お寿司もナポリタンも、とんかつもあるお店

B お寿司専門店

=========

どちらに行きたいでしょうか?

当然、Bですよね。 Aは、それぞれ専門の

シェフがいればいいけれど、

お一人でやっているような

小さなお店だと

専門性が分散してしまって

どれもそれなりな感じがしてしまうから。

私たちも同じです。

何でも屋さんは、

大手にお任せして、

私たちひとり起業家や

ひとりサロンオーナーは、

理想のお客様に、

最大限お役に立てるような

「専門性」をウリにしていきましょう。 関連記事:

”繁盛自宅サロンの鉄則!『看板とメニューは、わかりやすいが売れやすい、の法則』” 最後までお読みいただきありがとうございました。 自宅サロン集客コンサル 松本久美子でした。

1回の閲覧0件のコメント

​HOME|自宅サロンの経営・集客|サロンオーナーの魅力|自宅サロンコミュニティ

日本自宅サロン推進協会

​自宅サロン開業|副業自宅サロン|サロン開業相談