【自宅サロン集客】サロンオーナーも普通の起業女子みたいにブログもフェイスブックも書かないといけないの?

こんにちは。

自宅サロン集客コンサル 松本くみこです。

初めましての方、

マツモトのプロフィールです。 まともバージョン

人生どん底バージョン









==================

起業女子のブログばかりみていて、

これを自分もやらないといけないの? と、ものすご〜く不安でした。 私はサロン集客がしたかったので、 「サロンでもそうなの?!」とずっと疑問でした。

==================

と、先日のアメブロ基礎講座

受講してくださったサロンオーナー様が、

受講前のご不安を教えてくださいました。

そうなんですよね、

WEBに溢れている、

集客ブログのノウハウって、

<起業女子>がターゲットの

SNS系起業のものばかりです。

こちらのサロンオーナー様の

お察しの通り、

<一般の方>がお客様の

サロンブログやお教室、

カウンセリングサービスなどには

不向きなノウハウなんです。 例えばね、

【お申し込みをいただくまでの流れ】

は、

ターゲットが起業女子の場合、

===========

フェイスブック

ブログ

メルマガ(公式ライン)

お申込み

=========== が、一般的ですが、

私たちのように

<一般の方>がターゲットの場合は、

=========== 検索エンジン

ブログ

公式ライン(あるいは電話)

お申込み

===========

が、ほとんどだったりします。 一般の方がターゲットの場合、

より、「検索」を意識した、

ブログづくりが必要になることが

お分かりいただけると思います。 また、書き手の

【立ち位置】

も、全然違ったりします。 こちらのブログを読み比べていただくと

お分かりいただくように・・ ●マツモトのコンサルブログ (ターゲットが起業女子) https://ameblo.jp/matuge-ya-school/ ●「まつげ屋サロン」のブログ (ターゲットが一般の方) https://ameblo.jp/matuge-ya-nrt/ ターゲットが起業女子の

マツモトのコンサルブログは、

立ち位置が、ちょっと上(笑)。

割と「言い切って」「強め」な文調ですが、 ターゲットが一般の方の

「まつげ屋サロン」のブログは、

立ち位置が、斜め下くらいで、

「礼儀正しく」「寄り添う」感じの文章です。

冒頭でご紹介でした

ブログ作りに不安をお持ちの

サロンオーナーが

受講後、こんな風なご感想をくださいました。

============

ターゲットが起業女子とは違う場合の、

集客するための具体的なステップなどが

分からない人のためのセミナーだったので、 用語も含めてわかりやすかったです。本当に!!

出来る気がする!!と思いました。

私だけじゃなくて、 スタッフにもブログを書いてもらうので、

書き手の「立ち位置」を明確化できたのが良かったです。 ============

当然の事ながら、

集客の入り口が確保されなければ

ブログにさえたどり

着いていただけませんし、 書き手の「立ち位置」がズレてしまうと

いくらいい事を書いていても、

「なんか上からでイヤな感じ!!」

と思われて、お申し込みをいただくことができません・・

特に女性は、そういうの

敏感に感じ取りますから、ね^^

他ではなかなか聞けない!

<一般の方>をターゲットにしているサロン、お教室ためのアメブロ基礎講座はこちらで学べます。



5回の閲覧0件のコメント